title

ステンドラジェネリックのおすすめ

ステンドラジェネリックについて

ジェネリック医薬品と聞くと、「偽物?」「通常のお薬よりも効果が劣る?」というイメージを持っている方も多いと思います。

しかしそうではありません。長い年月をかけて開発されたお薬の特許期限が切れた後に、全く同じ成分・効果で作られたのがジェネリック医薬品です。

簡単に言うと、最初に長い年月と研究を重ねて開発したお薬(先発薬)を参考に開発することができるおかげで、短い期間で安くお薬を開発できるというわけです。

そして、先発薬よりもかなり安い金額で購入できる為、多くのクリニックでジェネリック医薬品は奨められています。

また、そのジェネリック医薬品を開発している会社は世界にいくつもあり、その分種類も多く、一つの先発薬に対して数種類のジェネリック医薬品がある場合もあります。

ステンドラについて

アバナも実はステンドラというお薬のジェネリック医薬品です。この先発薬であるステンドラは、アメリカのカリフォルニア州にある「ヴィーヴァス社により2012年に開発されました。

バイアグラより即効性があり、タイミングを選ばずに服用できることや、他のED治療薬と比べて食事の影響を受けにくく強い勃起力を得られることで、世界的に広まり人気のお薬となりました。

日本では未認可ですが、多くの国々で認可されております。しかし、日本でも厚生省の許可を取り、お薬を処方してくれるクリニックが増えてきました。

ステンドラジェネリックのおすすめ

ステンドラのジェネリック医薬品で一番有名なのはアバナですが、他にもドラスマや、アバナをさらに改良したスーパーアバナやトップアバナというお薬もあります。

それぞれ、開発した会社も異なっており、同じジェネリック品でも合う合わないといったことがあるでしょう。最初は少ない錠数からそれぞれ試してみるといいかもしれません。

どれも先発薬のステンドラよりもかなり安く、およそ半額から3分の一ほどの価格で購入できます。価格や成分量などを見ると、初めての方にはアバナかドラスマがおすすめです。

アバナ

アバナはインドのサンライズレメディーズ社によって開発されたお薬です。

ED治療薬の開発の他にも美容薬やサプリメント、抗生物質の開発など幅広い分野でお薬を開発していて、世界的にも有名な製薬会社です。

また、特にジェネリック医薬品の開発に力を入れていて、多くの中でもアバナはステンドラのジェネリック医薬品として有名です。ステンドラのジェネリック医薬品としてはアバナが一番人気ではないかと思います。

アバナは赤い錠剤が特徴で、50㎎、100㎎、200㎎があります。また、一日の服用量は200㎎までとなっております。価格は、50㎎で1錠当たり2000円ほど、100㎎で3000円、200㎎で5000円ほどとなっていて、1錠ずつではなく4錠ワンシートで販売されています。

最初は50㎎から始めて、効果が薄いと感じたら、100㎎、200㎎とmg数を増やしていくか、100㎎や200㎎を一旦注文し、それをピルカッターなどで半分にして半分ずつ服用していく方法もあります。

ドラスマ

ドラスマはインドの製薬会社のスマートメディサイエンス社により開発されたお薬です。スマート社は2013年に設立されたばかりの会社で製薬会社の中では新しい会社です。

しかし、高品質で安くで購入でき、また開発に日本人のスタッフが関わっていることから、安全性や信頼性が高く評価されていて、世界中の多くの国々で支持されています。

「海外のお薬は不安…。抵抗がある。」という方でも、スマート社のお薬であれば安心できるでしょう。

ドラスマは白色の丸い錠剤が特徴的で、100㎎のみとなっております。1錠当たり2000円ほどで購入できるので、mg数と金額を考えると、ステンドラのジェネリック品の中では一番安く購入できるようです。

早漏防止効果を併せ持つステンドラジェネリック

ステンドラジェネリックの効果は先発薬のステンドラと変りません。その為、即効性や持続力、勃起力の他に早漏防止効果も併せ持っています。

男性の陰茎の悩みには、大きさや硬さ等、多くあるようですが、その中でも意外と多いのが「早漏」。せっかくパートナーと行為を開始しても自分があまりもたなかったら、相手をがっかりさせてしまうのではないか、また、男として情けない、と感じている人が多いようです。

ステンドラには、早漏防止効果もあります。その為相手といつもより長い時間、行為を楽しむことができるでしょう。

早漏防止効果を併せ持つステンドラジェネリック

ステンドラのジェネリック品の早漏防止効果についてその仕組みや効果について説明していきます。お薬にダポキセチンという成分が使われていますが、これが早漏防止にかなり効果的だといわれています。

本来はうつ病のお薬に使われていた成分ですが、この成分が射精を遅らせることがあると分かったのです。また、感覚を鈍らせて射精を遅らせるアルコールなどとは違って、ダポキセチンは感覚はしっかりと残るので、感度はそのままに射精のみを遅らせることができる成分なのです。

トップアバナ

トップアバナはサンライズレメディーズ社によって開発されたお薬です。バイアグラの勃起力、レビトラの即効性、シアリスの持続力の3つをすべて兼ね備得ています。

また、成分はアバナフィルとダポキセチンという2種類の成分で作られていて、更に早漏れ防止効果もあるといわれています。

成分量はアバナフィルが50㎎、ダポキセチンが30㎎となっているので、通常のお薬よりも成分が少なめで副作用が軽減されるように作られているので日本人をはじめとしたアジア人の体質にとても合っているでしょう。

価格は1錠当たり約500円ほどで、4錠ワンシートで2000円ほど。勃起はしたいけどバイアグラなどのお薬だと早漏れしてしまう方や、早漏で悩んでいるけれど薬の副作用などが気になる方は、トップアバナを試してみるのもいいでしょう。

スーパーアバナ

スーパーアバナはトップアバナと同じ製薬会社でつくられており、その効果もトップアバナとほとんど変わりません。トップアバナと同じように、勃起力、即効性、持続力、早漏防止効果をもっています。

しかし、成分の含有量が違います。副作用を軽減するために含有量を減らしたトップアバナに対し、スーパーアバナは効果の強さを重視し、トップアバナの成分量よりも多くなっています。

トップアバナは1錠160㎎と260㎎がありますが、ダポキセチンの量はどちらも60mgで、アバナフィルが100㎎と200㎎となっていて、成分がトップアバナの倍、もしくは倍以上です。金額も4錠ワンシートで4000円ほどで、トップアバナの倍の値段で販売されています。

他のED治療薬で効果があまりなかったという人は、試してみてもいいかもしれません。

まとめ

ステンドラのジェネリック医薬品にはいくつか種類があり、主成分のアバナフィルは変わりませんが、成分量や開発会社、信頼度や人気度など、それぞれに特徴があることがわかります。

また、体質によって合うものと合わないものがあるので、どれが自分に合いそうなのか、また、自分が求めている特徴は何か、よく考えて、一番自分に最適だと思うものから試してみるとよいでしょう。

それぞれの体験談や口コミを見てみるのもお薬を選ぶ方法になるでしょう。